宇都宮:衣類のシミ抜き修復クリーニングプロショップ 衣類からブーツ、バッグまで京技術修染会のシミ抜きテクニックでケアエステ
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 未分類

未分類

革裏からの染み出し

ゴート(山羊)革バックの中に、新聞紙を丸めて入れてクローゼットに仕舞っておいたら、バックの内側に黒いシミができていたというトラブル品です。 何やら浸み込んだような、不自然なシミのでき方だったため、シミの部分を探ってみたと …

レザースニーカーのリペア

知らず知らずに、擦ってキズだらけになっていることありませんか? 今回のケースは、表皮まで削れてしまっているため、普通のメンテナンスではどうにもなりません。そのため、人間で言うところの成形手術が必要となります。 あらたに表 …

ブーツにカビが…

DIANA/ダイアナ のショートブーツにカビが生えてしまったお品物です。 皮革の表側(銀面)をヤスリやサンドペーパーでバフがけして、細かく起毛加工した『ヌバック』と呼ばれる皮革です。 感じ的には、ムートンブーツの表側と似 …

バックに黄色い斑点が、、、

全体に小さい黄色い斑点がたくさん出来てしまった、有名ブランドの限定品キャンパスバック。 通常であれば薬剤に漬け込むのですが、樹脂プリント・スパンコール・ビーズ・サテンの縫込み・エナメル装飾、そして持ち手にはラメがビッシリ …

バックの中に猫が…

猫を飼われているご家庭でよくオシッコのトラブルあります。 今回は、ヴィトンのバックの中に粗相をされてしまったとのご依頼です。 猫のオシッコは、人間の約10倍のタンパク質が含まれているため、洗っただけでは臭いがとれません。 …

色の剥離修正

バックを使用していると、知らぬ間に部分的に色が剥がれてしまうケースがあります。 皮革は、人の肌同様にすべてコンデションが良いわけでないため、何らかの要因があるために起こります。 今回は、部分的に色を入れ全体の黒ズミをなく …

フォーマルバックにカビが…

使う機会が中々なく、クローゼットにしまっておいて、いざ使おうとしたらカビが生えていたということはよくあります。 フォーマルバックは型作られているため、丸洗いすることは出来ません。 カビの胞子をほろってから、表面をモルトキ …

【ヒール巻き】

PINKY&DIANNE/ピンキーアンドダイアンのベロアヒールが傷だらけのため、巻き直しのご依頼です。 以前のベロア生地より、耐久性を持たせるために本革スウェードを使用しましたが、違和感なく仕上がりました。

【羽毛ファーのシミ】

シミをつけて時間経過してしまったRADY/レディの羽毛ファーコート 羽毛やラビットファーなどの細い毛皮に、シミをつけて放置してしまうと、髪を染まるのと同じく、シミが浸透し定着してしまうため落とすことが困難となります。 今 …

【バックの中の口紅が…】

買ったばかりの総ビーズのパーティバック(UNITED ARROWS)の内側に、口紅がベットリとついてしまったと… パーティバックの大半は、形作られているため裏返したりできないため、このままの状態で処理するしかありません。 …

1 2 3 7 »

染み抜き事例集

follow us in feedly
PAGETOP
Copyright © copyright 2016 salon-de-mars All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.