二枚の革を貼り合わせている持ち手は、使用していると剥がれて口が開いてしまいます。

接着するのですが、用途や素材、接着面により使う接着剤が違います。

持ち手は、革の裏面(ボサボサしている面)同士を貼り合わせているものがほとんどで、粘度の低い(サラサラした)接着剤では幾らでも染み込んしまい、革がガチガチに固まってしまいます。

よく瞬間接着剤を使われる方がいらっしゃいますが、絶対に使わないで下さいね。