昨今、仕舞っておいたらバックの中が、ベタベタになってしまったというトラブルをよく耳にします。

原因は、内張に使われている合成皮革が溶解したことによるベタつきです。

合成皮革は、ソフトレザーのような柔らかさがあり加工しやすい反面、2〜3年でベタくきやヒビ割れたりを起こす欠点があります。

このことを『加水分解』と言います。

一度、加水分解を起こすと復元できません。
今回は、内側の合成皮革を全て剥がし、ラム革を貼り直しました。