長年愛用していたら、ハンドル脇が破れ、蓋のベロが垂れてしまい、あちらこちらが傷んでいるので、直して欲しいとのご依頼でした。

ハンドルは縫い目から破れて、口が開いてしまっていたため新しく作り直し、蓋のベロは秘密の修復法で元通りに。

劣化剥離していた部分は、新たに塗装し直して、栄養を与えて蘇らせました。