ブレザーの裾に銀ラメのシミが、いつの間にか付いていたと、、、

銀ラメというと、ペンキ又はマニュキュアなどが想定できます。今回のケースは、どうやらマニュキュアのようでした。

マニュキュアなど塗料系の処置の大半は、油性処理を行うのですが、生地によっては使えない薬剤もあるため、ケアラベルを確認してテストをした上で施術させて頂きました。