本場イタリアにてご購入された、ラム革使いの絹麻ジャケットの燻し臭抜きのご依頼です。

真逆の性質を持ち、共にデリケートな繊維に加え、衿裏と釦ホールに 

 ラム革が使われているために普通にあらえません。

当社独自の洗浄法にて蘇りました(*^^*)