クローゼットにしまっておいたら、茶色くなってしまったので、黒くして欲しいとのご要望でした。

日焼けしたにしては、やけに茶色いので、光が当たりにくい場所をよく確認しましたら、黒に近い焦げ茶でした。 

 あまりに濃いため、お客様は黒と勘違いされていたようです。

茶色を黒く染めるのは、造作のないことと思われがちですが、そのまま黒く染めてしまうと赤光りしてしまいます。

また、ラム革のため顔料で染めると、剥離したりヒビ割れたりするため、染料でこの赤を抑えながら、ご要望の黒色に染めあげました。